一般社団法人 新 潟 県 臨 床 工 学 技 士 会
Niigata Association for Clinical Engineering Technologists
 

home  臨床工学技士とは    会長挨拶    組織    活動報告    入会案内   リンク 


臨床工学技士とは

血液浄化療法

体内の老廃物を排泄、代謝する機能が失われたとき、血液透析や血漿交換療法等によりその機能を代行する療法。
臨床工学技士は、血液浄化装置の操作及び保守点検を担う。
臨床工学技士の中で、従事者数が最も多い。


手術室業務
  • 手術室には手術が安全に行われるよう様々な機器が置かれており、これらの管理は極めて重要。
  • 心臓手術の際、 人工心肺などを使用するが、これらの操作には専門的な知識が必要。
  • 臨床工学技士は、これらの機器の操作や点検を受け持つ。

集中治療室業務
  • 集中治療室には手術後の患者などを管理するため、人工呼吸器や除細動器、ペースメーカなど様々な生命維持管理装置が置かれている。
  • これらの機器の操作および保守、点検も臨床工学技士が行う。

ME機器保守点検管理業務

病院の中には様々な生命維持管理装置があり、これらを医師、看護師だけで管理することは不可能。
これらのME機器を集中管理することにより、効率的かつ適切な運営が行える。
臨床工学技士はME機器が常に安全に使用できるよう、保守点検を行う。

高圧酸素療法業務
患者に高い気圧の下で酸素を吸入させ、血液中の酸素を増やす療法。様々な疾患に利用されるが、近年事故も多い。
臨床工学技士は安全に治療が行えるよう、機器の操作や保守点検を行う。

医療ガス管理業務
院内の酸素、笑気、窒素、圧縮空気、吸引などの医療ガスの管理、点検
業務。







   TOP
 Copyright(c)2009,Niigata Association for Clinical Engineering Technologists.All Rights Reserved